勉強法

中2国語 定期試験攻略解説【盆土産】

盆土産定期試験対策攻略解説
定期テストに出やすい箇所、押さえておくポイントを動画付きで解説


中2国語 盆土産

作者の三浦哲郎の自伝に近いと言われる小説。
「えんびフライ」というフレーズが妙に印象的な作品だ。
全体の文章量は多めだけど、重要ポイントはシンプル。

・家族間の心情をいつもと違う行動からつかむ
父→子どもたち
例…(えびを)一晩中、眠りを寸断して冷やしながら帰ってきたのだ
主人公→父・母
例…墓を上目でしか見られない・不意にしゃくりあげそうになって

普段の生活で毎日それをするだろうか?という行動が
「いつもと違う行動」=「心情の表れ」となる。
教科書を読み直して探してみよう!

・時代の背景
昔の話であることを前提に読もう。
出かせぎ・速達での連絡・ビールを川で冷やす・えびフライを知らない…
など「昔である」ことがあちこちにちりばめられている。
作者が青森県出身なので、主人公が住んでいる場所もおそらく青森…?

擬音語、擬態語の違いなどを授業中に先生が触れていたら要注意。
※触れてなかったらスルーでOK
近所の子、喜作との対話やえびフライを食べているシーンなど
やけに学校の先生が長めに扱ったなあと思うところは、
学校のプリント、ノート、そして下の解説動画を中心に確認しよう!

・解説動画

-勉強法
-, , , , , , , , , ,

© 2022 Mr.AGO & 夏希 Powered by AFFINGER5