金融

【xym/symbol】5月12日現在のハーベスト状況分析

5月に入ってハーベストの確率が下がった気がする……

という声をたくさん見るようになった。

前の記事でも書いた通り、上場・流通の増加がそうさせるのかもしれない。

当初は20万枚で安定だ!あとは分散だ!

なんていう声もあったハーベストの今を分析。

ちなみに作業はものすごくアナログ。

XEMBOOKとブロックエキスプローラーを使って

ひとつひとつアドレスを見ていっただけ笑

5月上旬のハーベスト状況

※ここでいう5日に1度=30日間で6回のイメージ

3日に1度~2日に1度収穫

3日に1度~2日に1度収穫

インポータンス0.005後半

(40万後半XYM)~

インポータンス0.006前半

(50万前半XYM)

 

2日に1度~3日に2度収穫

2日に1度~3日に2度収穫

インポータンス0.006前半

(50万前半XYM)~

インポータンス0.006後半

(50万半ばXYM)

 

3日に2度~1日に1度収穫

3日に2度~1日に1度収穫

インポータンス0.006後半

(50万半ばXYM)~

インポータンス0.007以降

(50万後半XYM)

追記

より数値を調べてみた。

注目すべきは次のインポータンス帯かもしれない

5日に1度~7日に1度

5日に1度~7日に1度

インポータンス0.003~0.001

この数値の間は本当に運ゲーかと思うくらい、明確な差がない。

ちなみに0.001を下回ると10日に1度あるかないかになってしまう。

正直なところ、ハーベスト開始のときよりだいぶ必要なインポータンスが増えてるのは間違いない。

そしてある一定の幅の中では運要素が出てくることは否めない。

運要素強いインポータンスにしてみる?

次に変化が生まれるのはzaifからのXYM出金が可能になるという5月末からと予想される。

それまでに買い増す?それとも?

気をつけるのはXYMを

ハーベストのためだけに持つのか

それとも

新規発行通貨、

新規上場の可能性をたくさん持つ通貨として見るのか

それによっても握り方、買い増し量が変わってくるかもしれない。

ファンダだけに目を向けず、テクニカルにも目を向けてXYMを使いこなそう!

今日話題のニュースとみんなの反応まとめ・小ネタ解説

5/12ニュースとツイッターの反応まとめ・解説小ネタ付き

 

 

-金融
-, , , , , , , , , ,

© 2021 気になるニュースとみんなの反応まとめ Powered by AFFINGER5